悪路

3月 17, 2013 by     2 Comments    Posted under: 北海道のこと

川
雪解けが進んで来て、路面が出てきた札幌。
やっと走りやすい季節が来た!と、思いきや、今年はそうじゃない。

今年は、南に東西にあちこち走ってるけど、ほんとに道路状況が最悪だ。

札幌新道のような大きな道路ですら、もうしばらく走らないと決めたくらいひどい。
段差に陥没の数、範囲が尋常じゃない。

免許を取ってからの記憶で、おそらくもっともひどい状態なんじゃないかな。
あんな幹線道路で、まっすぐ走る事を躊躇する道路はありえない。

みんな穴を避けるのに蛇行するし、減速する。

長かった冬の影響が、いろんなとこに出始めてる北海道。
その全貌が見えるのは、もう少し先かな。

2 Comments + Add Comment

  • CHIMAKIさん、こんばんは。

    雪がもたらす影響は冬を超えても続いて行くのですね…。
    北海道の道路は他の地域に比べて舗装状態も大変良く、常に整備されていて立派だなあと感じた事がありますが、もしかすると冬の後始末なのかも知れませんね。
    地域住民の皆さんは大変な雪かも知れませんが、北海道は雪が稼いでくれる産業もあるので上手く程良くが良いですね。

    • 中吉さん、こんばんは。

      どうやら舗装の仕方も日々変わっているようで、最近は透水性舗装という水がしみいる舗装なのだそうです。
      あまり詳しくないのですが、染み入った水が凍り、舗装を破壊しているのかもしれませんね。

      このままじゃ、まともに走れないし、車が傷ついてしまいそうです。
      車ならまだ人間は無事ですが、バイクなら転倒の危険性もありますから、ひどい道路は早急に何とかしてもらいたいものです。

leave a message!